気になる事例

電気を使わず、冷蔵保存する方法

梅雨も明け、夏らしくなってきましたね。
家の近所でも、打ち水をされている方を多く見かけるようになってきました。
海だ!プールだ!キャンプだ!と出かけたくなりますが、今年は我慢の夏になりそうです。

さて、そんな夏の風物詩でもある打ち水をすると、なぜ涼しく感じるのかご存知でしょうか。

実は、それは「気化熱」を利用しているからです。
気化熱とは、液体が気体になる際に接している物質から吸収する熱のことです。液体が蒸発するためには熱が必要で、その熱はその液体が接している物質から奪うことで蒸発します。お風呂上がりに早く体を拭かないと体が冷えるのも、これと同じ理屈ですね。

電気のない途上国の農村部では、作物が保存できないことは生命に関わる深刻な問題です。そんな問題を気化熱で解決したのがナイジェリアで開発された「Pot in Pot Cooler(ポットインポット・クーラー)」です。

引用元:Fandom

まずサイズ違いの陶器を2つ用意します。小さめの陶器をもうひとつの陶器の中に入れ、その間を砂と水で埋める。この水が蒸発するとき、小さい方の陶器の中から熱を奪うため、陶器の中が冷蔵庫のような役割をし、作物を保存しておける、という仕組みです。

動画でつくり方が公開されていましたが、ほんとにカンタンそうです。

これにより、通常は2、3日しかもたないトマトが、約20日間も保存しておけるようになったそうです。作物が保存できないと、収穫したものはすぐに市場に運び、売る必要があり、それ自体は子どもたちの役目でしたが、この製品ができてからは、毎日市場に通う必要もなくなり、学校に通える子もでてきたそうです。すごい!

また陶器はナイジェリアの伝統的産業でもあります。安価で、かつ現地で調達できる素材を使う、というのは建築の発想に似ていますね。気化熱という自然現象を活用したアイデアで、環境にもマッチした素晴らしいデザインだと思いました。ポットインポットというネーミングも、わかりやすさの中に親しみがあっていいですね。

小学二年生の長男に「一番好きな科目は何?」って聞いたら「理科!」って即答していたので、将来が楽しみです。

印刷コストを抑えるにはどうすべきか前のページ

ゴミ箱に捨ててもらうにはどうすればいいか次のページ

関連記事

  1. 気になる事例

    人の行動を観察して、自動販売機の売上をアップ

    日本は自動販売機の数が異常に多いと言われています。確かに海外に行くと、…

  2. 気になる事例

    ワイヤを使って高速道路での対向車線への飛び出しを激減させる

    初めて飛行機に乗ったのが、高校時代に修学旅行でディズニーランドに行った…

  3. 気になる事例

    モノの価値を増幅させる「イケア効果」

    妻が、実家からたまに送られてくる大量のジャガイモや玉ねぎを入れるカゴが…

  4. 気になる事例

    交差点の事故を0件にする方法!?

    奈良県大和郡山市のとある交差点では、人身事故が後を絶たなかったそうです…

  5. 気になる事例

    デンマークの改札機のデザイン

    コロナ禍で電車にのる機会はめっきり減りましたが、それでも大阪駅等のタ…

  6. 気になる事例

    水の運搬機能と浄水機能の両方をもたらす乗り物「Aquaduct(アクアダクト)」

    今回は人間の生命線でもある「水」をテーマにした事例をご紹介します。発…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 気になる事例

    人の行動を観察して、自動販売機の売上をアップ
  2. 気になる事例

    ゴミ箱に捨ててもらうにはどうすればいいか
  3. 気になる事例

    デンマークの改札機のデザイン
  4. 気になる事例

    水の運搬機能と浄水機能の両方をもたらす乗り物「Aquaduct(アクアダクト)」…
  5. 気になる事例

    タバコのポイ捨てを劇的に減らす投票型灰皿「Ballot Bin」
PAGE TOP