気になる事例

ゴミ箱に捨ててもらうにはどうすればいいか

最近は公園にいってもゴミ箱が少なくなり、各自で持ち帰るというのがスタンダードになりつつあります。

理由としては「家庭ゴミが捨てられる」「カラスがあさる」「犬の糞やタバコの吸殻をビニール袋に入れて捨てられてしまう」などが多いようです。ゴミを持ち帰るぐらいなら置いていこうか、みたいな考え方にもなったりしそうで、悪循環にもつながりそうな気もしますが、ゴミ箱を設置するならするでメンテナンスの問題などもあり、なかなか難しいですね。

海外ではテロ対策としてゴミ箱を撤去する動きもあるようですが、逆にスイスはポイ捨てされたゴミがほとんどないそうです。その理由としては、至るところにゴミ箱が設置されているからです。電車内の各座席ごと、レストランの各テーブルごとにゴミ箱が設置されていて、散歩コースにはビニール袋付きのゴミ箱があるなど、至るところにゴミ箱が。日本では考えられないですね。

それだけゴミ箱があればわざわざポイ捨てはしないかもしれませんが、ゴミ箱の少ない日本でいかにゴミ箱に捨ててもらうかの興味深い事例のご紹介です。それはフォルクスワーゲン社のチームが制作したゴミ箱、その名も「The world’s deepest dustbin(世界一深いゴミ箱)」です。

音を利用したものなので、動画をみていただくのが早いのですが、ゴミをゴミ箱に入れると、そのゴミが地下深くに落ちていくような音がします。もちろん、ゴミ箱自体は普通のものなので、実際には地下に落ちているわけではありません。ゴミを捨てた人は不思議に思い、じっくり観察する。面白いので、他のゴミもこのゴミ箱に捨てたくなる、という仕組みです。

ゴミを入れたときに音を流す、というやっている事自体は単純明快なのですが、素晴らしいデザインですね。このゴミ箱は、普通のゴミ箱の約1.5倍のゴミが捨てられるようになったそうです。

ルール違反するから排除する、というのはカンタンなのですが、ルール違反をする人がいたとしても、どうすればその行動を改善できるのか、という方向で考えるほうが建設的でいいですね。

このゴミ箱に、ゴミを捨ててみたい!

電気を使わず、冷蔵保存する方法前のページ

デンマークの改札機のデザイン次のページ

関連記事

  1. 気になる事例

    水の運搬機能と浄水機能の両方をもたらす乗り物「Aquaduct(アクアダクト)」

    今回は人間の生命線でもある「水」をテーマにした事例をご紹介します。発…

  2. 気になる事例

    交差点の事故を0件にする方法!?

    奈良県大和郡山市のとある交差点では、人身事故が後を絶たなかったそうです…

  3. 気になる事例

    除雪の順番だけでも人を傷つけることができる

    ダイバーシティの時代といわれて久しいですが、あちらを立てればこちらが…

  4. 気になる事例

    デンマークの改札機のデザイン

    コロナ禍で電車にのる機会はめっきり減りましたが、それでも大阪駅等のタ…

  5. 気になる事例

    タバコのポイ捨てを劇的に減らす投票型灰皿「Ballot Bin」

    イタリアの石畳が美しいなと思って、27歳の時にミラノとローマに行きまし…

  6. 気になる事例

    飛行機の機体は、なぜ白が多いのか

    学校が夏休みに入り、奥さんと子どもたちで実家に帰るというので、一週間…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 気になる事例

    モノの価値を増幅させる「イケア効果」
  2. 気になる事例

    灰皿が極端に小さい理由
  3. 気になる事例

    ガストロフィジクスによる、 おいしさの錯覚
  4. 気になる事例

    除雪の順番だけでも人を傷つけることができる
  5. 気になる事例

    海に捨てられたゴミが向かう先
PAGE TOP