気になる事例

人の行動を観察して、自動販売機の売上をアップ

日本は自動販売機の数が異常に多いと言われています。確かに海外に行くと、ほとんど自動販売機を見なかった印象があります。多い理由にはいくつかありますが、まずはなんと言っても治安の良さ。治安が悪い地域では、自動販売機が壊されるのは当たり前だそうです。あとは人口密度。アメリカに比べると、日本の人口密度の高さは約10倍なので、必然的に自動販売機も多くなるんですね。

自動販売機を個人事業としておきたいなと思っていた時期があって、駅のホームとかよさそうだなと考えていました。自動販売機の設置場所別の売上げランキングが、1位がオフィス街、2位が学校近辺、3位が自動販売機が集中して並んでいる場所のようですが、駅のホームもそこそこ売れるんじゃないのと思っていましたが、そんなに世の中甘くないようです。そこで「駅にある自動販売機の売上を上げたい」と言われたらどうするでしょうか。そんな課題を、世界的に有名なデザインファームのIDEOが意外な解決策で実現したそうです。

その解決策に至るまで、まずはホームで歩く人を徹底的に観察することから始めたそうです。自動販売機の前を素通りする人、横にあるベンチに腰掛ける人、自動販売機は見るが購入意欲がなさそうな人、購入しようとしてお金を入れる人、どれにしようか迷っている人など、さまざまな人がいました。さらに観察を続けると、多く人が「電車の待ち時間を気にして腕時計を見る」「自動販売機で購入する人は、次の電車が来るまでに時間があるかどうか時計を見る」といった「駅のホームでは時間を確認する」という共通点を発見しました。

そんな発見から行った施策は、自動販売機と時計をセットにして置くこと
施策としてはそれだけですが、実際に売上は向上したそうです。

徹底的に観察し、そこから導き出された発見から施策を行う。やっていることは当たり前の事かもしれませんが、実現するには相当な労力が必要だと思います。日本でも同じように売り上げが上がるかとなると、お国事情や文化も違うので難しいところですが、自動販売機の売上アップに限らず、様々な事案にも応用できそうですね。

ちなみに日本の駅で一番?売れている自動販売機は横浜駅にあるそうです。

1台で年間28万本、3,600万円という売り上げを誇るのは、JR横浜駅横須賀線、9番10番ホームの大船寄りに設置されている自販機。圧倒的な売上げの高さに関係者の間で「マンモス」というニックネームもついている。
補充は1日5~6回、それでも売り切れることが珍しくない。始発時に満タンになっていても朝のラッシュが終わるともうカラッポ。一番売れる夏場には、月間400万円を売り上げたことも!
元々、JR横浜駅は自販機の売り上げが全体的に高く、毎月100万円以上を売り上げる自販機がいくつもある。街中の自販機は、月に10万円売り上げれば「ソコソコ売れている」と言われるらしい。JR横浜駅はまさに桁違いだ。

引用元:JR東日本で一番売れてる自販機が横浜駅にある!? – はまれぽ.com

視覚障がい者でも遊べるルービックキューブ「ブレイルキューブ(braillecube)」前のページ

インハウスデザイナーは蔑称か次のページ

関連記事

  1. 気になる事例

    視覚障がい者でも遊べるルービックキューブ「ブレイルキューブ(braillecube)」

    ユニバーサルデザインが叫ばれて久しい世の中ですが、誰もが使いやすいデザ…

  2. 気になる事例

    交差点の事故を0件にする方法!?

    奈良県大和郡山市のとある交差点では、人身事故が後を絶たなかったそうです…

  3. 気になる事例

    飛行機の機体は、なぜ白が多いのか

    学校が夏休みに入り、奥さんと子どもたちで実家に帰るというので、一週間…

  4. 気になる事例

    海に捨てられたゴミが向かう先

    地元が海に近いこともあって、昔はよく海で遊んでいました。その中でも家…

  5. 気になる事例

    デンマークの改札機のデザイン

    コロナ禍で電車にのる機会はめっきり減りましたが、それでも大阪駅等のタ…

  6. 気になる事例

    水の運搬機能と浄水機能の両方をもたらす乗り物「Aquaduct(アクアダクト)」

    今回は人間の生命線でもある「水」をテーマにした事例をご紹介します。発…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 気になる事例

    飛行機の機体は、なぜ白が多いのか
  2. 考え・出来事

    デザインで世の中をよくすることを考えるメディア「PIPE」開設!
  3. 気になる事例

    風が転がしてくれる地雷撤去ボール「Mine Kafon(マイン・カフォン)」
  4. 気になる事例

    除雪の順番だけでも人を傷つけることができる
  5. 勝手に改善・制作

    間違えやすいエレベーター開閉ボタンのUI考察
PAGE TOP